初心者のための外国株式オプション(CFDなど)

外国株式については、どれほどの知識をお持ちでしょうか。この記事を読んでいる人の中には、まだ日本株しか触ったことがない、または、そもそも株式のことなど何も知らない、という方もいるかもしれません。そこで、まずは、基本から始めたいと思います。

 

株式とは、株式会社が発行するもので、これを購入することで、その会社の「未来にリターンを期待」することができます。会社が成長してくれれば、そこに投資した人には、利益がもたらされます。会社は成長に必要な資金を調達できます。そんな関係性です。

 

これは、日本に限ったシステムではありません。日本株もあり、他には、例えば、米国株などがあります。米国株には、例えば配当に力が入れられていることが多い、といった強みがあります。配当からの十分なリターン獲得も夢ではありません。

 

日本からでも米国株を取引することができます。アメリカの市場ですので、基本的な取引時間は、日本の夜中になってしまいます。しかしながら、証券会社次第では、独自の取引時間を設けていることがあり、日本にいても、無理なく取引を進めることが可能です。

 

今、米国株には、注目が集まっています。今に始まったことではありませんが、大きな、そして、安定した市場ですので、これを無視するわけにはいきません。株式取引には、様々なかたちがあります。ここで全てを網羅することはできませんので一例を挙げるならば、CFD(外国株式オプションとして有名どころ)です。これは証拠金を用いてレバレッジをかけることができる手法です。

 

リスクもありながら、その分、大きなリターンが期待できます。とは言え、必ずしもリスクを引き上げる必要はなく、手堅い攻め方に活用することもできます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。